安い自動車保険をサーチ

安く入れる自動車保険探し

自動車保険って掛け捨てだから嫌。
そんな気持ちよくわかります。

 

生命保険や医療保険なんかだと掛け捨てじゃないタイプもありますが
自動車保険に関しては掛け捨てだから満期になっても1円も戻ってきません。

 

もしもの時のために保険が必要なのはわかってるけど、ちょっとても家計に優しい自動車保険を選びたいですね。そこで、一番安い自動車保険をサーチしてみました。

このサイトでは、もっとも安い自動車保険をサーチする方法をご紹介していますが
誰もが同じ会社が安くなるわけじゃないのが自動車保険選びの難しいところです。

どういうことかというと、自動車保険料というには、車種・等級・加入者の年齢・車の用途などによって決まるため、その条件が全く同じじゃないと保険料は違う仕組みです。

 

保険会社も保険料に強みのあるカテゴリーに位置してる人とそうでない人では
保険料が随分差がでるため、どこの会社が絶対に安いというのがないのです。

安い自動車保険を手っ取り早く見つける方法

う~ん、なんだか条件によって違うってことはわかったけど
もっと手っ取り早く見つける方法ないの!?って思いますよね。

 

だったら自動車保険の一括見積を試してみるのが一番です!
そうすればあなたの条件で見積するため、どこが安いか一目瞭然。
たった10分ほどの入力作業で判明する方法です。

 

通販型が安い傾向にあるけど補償は大丈夫!?

一括見積してみればわかることですが、一番安い自動車保険は通販型であることが大半です。
◎◎ダイレクトとか、◎◎損保みたいな会社が一番条件良いはずです。

 

確かに保険料的にはメリットあるのはわかったけど、そもそも自動車保険の一番大事な補償は大丈夫なのだろうかと心配になる人もいることでしょう。

 

でも、その点は心配無用です。

通販型の自動車保険であっても事故対応に関する体制はきちんと整備されており、
どこの自動車保険会社も事故対応満足度調査を実施しているほどです。

今のご時勢、対応が悪いということはあっという間にSNSなどで広がってしまいます。
そのため通販型であっても対応が悪いとか事故の補償が不十分という心配はありません。

 

自動車保険料を安くするコツ

自動車保険を安くする最大のコツは一番安い保険会社を見つけることです。
ある意味これが一番の王道であり、この方法が理にかなっています。

 

では、他に方法がないのかというと、補償の条件だったり入り方を調整することで
保険料を節約することができます。

たとえば、車両保険に入るなら保険を使うときに自己負担分を設定する「免責」があります。
この免責を1回目・2回目とものマックスまで上げましょう。

そうすれば車両保険が安くなります。

 

なお、この免責金額設定ですが保険会社によって設定できる幅に違いがあります。
当然ながら金額を高く設定したほうが保険料は安くできるため、どうしても安くしたいと考えるなら免責金額を高くできる自動車保険会社を選ぶようにしましょう。

アーカイブ